夜明け前は一番暗いんやでぇ~

哀愁の印刷会社社長、名古屋生まれの私の日々に起こった出来事を自分と業界へ気持ちを注入する、ぼやき!趣味や遊びネタも程々に

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

企業法人税減税

昨日からのニュースに企業の法人税減税の話題が
零細企業の経営者であり、いち小市民からの
目線で見ると政府の政策の大企業の為の?法人税減税
まったくピンときません。

財源に扶養者の控除の段階的な撤廃があてられる
というのは結構ピンときます。

私の目線からは利益を生み出す大企業の払う税金を
少なくする分、一般市民から広く浅く増税を行う
そんな感じにしか思えないのは私だけでしょうか

利益を上げることのできる会社の税金を少なくする
事よりも本当の一市民目線に立った時にはもっと
やってほしいことがあるのではないかと心から感じます。

その政策が今の日本にベストなのでしょうか?
私個人としてはベストだとは思えません。
じゃあ何がベストかと問われると答えに困りますが
少なくとも目線はもっと低い所に有ると思います。

周りを見れば、この年末が越せるかどうかの瀬田際な
個人や企業、山ほどあると思います、そんなところから
手を差し伸べる政策はみじんも感じられません。

雇用が第一なんて言葉を以前は耳にしましたが
はたして利益が出ている企業さんだけが恩恵を受けそうな
法人税の減税が直接雇用に結び付くのか疑問でなりません。

長年続いた政権から少しは市民よりの思考であろうと
期待して行われた政権交代、現時点での結果は
世論の支持率が示す通りの結果に過ぎないように感じます。

印刷業も製造業からの脱却が課題ではありますが
なかなかそんなに旨くはいきません当社もまだまだ
どっぷり製造業しています。

そんな零細製造業には、まだまだ不況の真っただ中
印刷業のように不況が好転しても世の中の流れから
業績が好転する望みが薄い業界もありますあが
景気動向によっては好転する業種も少なくないはず。

根本的な景気回復策が一般市民の扶養控除を削って
行われる法人税減税では国には期待せずに自分たちで
努力して頑張るしか無いなっと考えさせられる
昨日今日のニュースソースでした。

来年1年限定で消費税0!財源は?っと問われそうですが
お金が回れば企業の売上に利益も上がるのでは
その結果おのずと税収も上がる、それを回せば…

エコカー補助金にエコポイント狂想曲的な様子を
見れば消費者の潜在的購買意欲は充分に
感じられるのではないでしょうか

そちらを刺激する政策の方が少なくとも法人税
減税よりは遥かに一般市民の共感が得られると
思うのは私だけでしょうか…

印刷会社としても、いくら不況であれ必要とされる
紙媒体は充分あります、そんな部分に対応できる
企業努力をしていくことが重要です。

今日は普段あんまり触れないような政治の話題
私なりに釈然としない政府の対応に結構、憤りを
感じた師走のニュースでした。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://hyperpop.blog82.fc2.com/tb.php/1472-c7323d8d

左サイドメニュー

プロフィール

哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長

Author:哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長
頑張れ中小零細、印刷経営者!
めざせ、真の業態変革!
元気な名古屋も印刷屋は辛い!

最近の記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
30288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
871位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。