夜明け前は一番暗いんやでぇ~

哀愁の印刷会社社長、名古屋生まれの私の日々に起こった出来事を自分と業界へ気持ちを注入する、ぼやき!趣味や遊びネタも程々に

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

気合いの入ったコピー

tirasi
私の自宅の付近は準工業地帯から、近年、地下鉄の駅が
近くにできてからは明確に新興住宅地へと変貌を遂げています。

週末ごとに、このあたりの物件を探していますとのトラシが
今日もこんなに、悲しいかな、どれも自社で印刷したリソグラフ
ばかり、そんな事を嘆く書き込みではなく、今回は、その中の
一枚のチラシのコピーに目がいきました。

そこには

「会社の名前ではなく、わたしの名前で仕事をする。
その覚悟があります。★▲にご相談下さい!!」

という心強い?コピーが。

販売する商品は普通の小市民で有れば一生一度、しかも
一生のうちで一番の買い物、または売り物となる契約、
この場合、個人を信じるのかバックボーンの会社を
信じるのか、これは人それぞれの価値観の違いで是非を
問うのはナンセンスですが、私の価値観から行くと
車くらいまでなら、営業さん個人の人柄、家・土地
となると多分、ブランドを頼りにしてしまうと思います。

当然、ここから話はどうなるかと言えば印刷関連サービス
これが商品の場合とうなるんでしょうか?

名刺、100枚から億の仕事まで、TPOによって変化は
するでしょうが、印刷は非常に微妙な商品ではないでしょうか?

やはり、他には無い強力な武器を装備する。
これは設備依存というわけではありません。

あくまで他社さんと有利にたてる土壌で勝負する。
私たちのような小さな企業には必須であると感じました。

印刷会社の営業で上記のコピー、言い切れるかなぁ~
っというより、チラシのコピーも大手不動産会社の
営業だからこそ、チラシにキッチリかいて言い切れる
って事に落ち着くのでしょうか?

やっぱり、結局、会社の規模?トホッ…
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://hyperpop.blog82.fc2.com/tb.php/1169-e9b2df36

左サイドメニュー

プロフィール

哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長

Author:哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長
頑張れ中小零細、印刷経営者!
めざせ、真の業態変革!
元気な名古屋も印刷屋は辛い!

最近の記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
26839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
743位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。