夜明け前は一番暗いんやでぇ~

哀愁の印刷会社社長、名古屋生まれの私の日々に起こった出来事を自分と業界へ気持ちを注入する、ぼやき!趣味や遊びネタも程々に

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ただいま、お通夜より帰宅

今日は業界の皆様の多くは参列されたのではないでしょうか
ご冥福を、お祈りいたします。

話は月曜に予告した理想科学さんの展示会のレビュー

まぁ~印刷屋殺しのリーサル・ウェポンのオンパレード
10年以上前から言っておりますが印刷会社同士で仕事を
奪い合っている喧嘩は可愛いもの、そんな事実のさらなる
確信を高めた展示会でした。

事前にホームページで最近の製品情報をレクチャーして
行きましたが正解でした、ハードに関しては、今や
リソグラフは完全に軽オフハードの次元に来ていますね
当社も10年以上前に理想さんの物ではなくライバルKM社製の
印刷カテゴリー的に見れば孔版印刷機を導入したことが
ありましたが、はっきり言って墨で文字物を上質の35kgに
印刷できる程度の性能でしかありませんでした。
今考えると通常の仕事で製品として納品、お金を頂いて
いたことが結構、無理してたな~っと感じました。

その時点でもリソグラフの方が明らかに優れていましたが
印刷会社に対する販売チャンネルが、なかったことです。
結果的には安物買いの銭失い、となったわけですが
幸い東海豪雨水害で使用不可となり今は現存しませんが
今なら少々の価格差は確実に目をつぶってリソグラフを
選択するでしょう、今回の2色&両面機、このハード
専用にインクに版材をチューンしたとの事、先日、当社が
プリンターで40000通した仕事、はっきり言って、この
ハードに最強最適でした、どうしも孔版機は紙を選ぶ上に
裏移りが酷く、当社の経験では、印刷会社としては
使えない品物でした、ただここ数年、当社が以前使っていた
メーカーの印刷機でさえかなり性能アップ、理想さんの
ハードは更に上というのは言うまでもありません。

2色、両面が印刷できて225万円、印刷会社的にいえば
CTP付きの軽オフ印刷機は、この値段では買えません
CTPというよりは、今ではいにしえのDI機と言うべきでしょうか。

網点だけ使用しなければ、なんら問題ない仕上がり
印刷機で刷版がデジタルで出来て、しかも2色に両面切り替え
これを印刷機として設備しようとしたら、どれだけの
金額になることやら考えただけでも背筋が凍る思いです?

文字物中心で両面ページ物が得意な軽オフ屋さんには
確実なリーサル・ウェポンに見えました。

あと当社と同型のインクジェット機、これに関しては
理想さんのスピードとHP社製の印字品質といった性質の
違いをより明確にしたマイナーチェンジが施されて
ありました、これは今のところ平行線のまま、あくまで受ける
お仕事に左右されますが、どちらもありだとは思いました。

そんな中、事前のレクチャーで気になったのがハードではなく
バリアブルソフト、これも印刷会社向けの商品は、それなりに
あるものの、当社のような零細企業には手が出る価格の商品では
ありませんでした、これは当社が10年以上まえからCTPがありながら
自動面付けソフトは買えない現実と良く似ています?
そんな中、やはり、それなりのオンデマンドプリンターという
設備があるのであれば可変ソフトがうまく稼働して、より
強い武器になることも考えられます、そこで今回、事前
リサーチで私の目にとまったのが、¥198000円のバリアブルソフト
このソフトをデモにて商品説明して頂きましたが、これが
今価格で使える!悲しいかな当社のバリアブル印刷のソフトは
ナンバーリングのソフトが、あるのみ、あとはオフィス系の
差し込み印刷の活用程度、さらに極みは当社が使っている
ナンバーリングソフトより遥かに高性能なナンバー機能も
搭載、インターフェースは良くも悪くもワードっぽいのですが
私でも使えそうな感覚を感じたのは良い意味のワードっぽい
素材の宝庫のような素材の多さに、価格に、らしからぬ柔軟性
コンシューマ向けだと、立ちしろとか用紙サイズが正寸しか
だめだとか言ったこともなく、ほぼ用紙の中に変形サイズを
面付けしても問題なく対応できるシステム、おもわず
もって帰りますと言いたくなる商品、これは本当に前向きに
導入を検討したいと思った一番の商品でした。

それにしても、ハードといいソフトといい、こんな価格で
一般ユーザーが導入できてしまう現実、印刷会社として
のほほほ~んとしている場合ではないなと大きな危機感を
大いに感じみした、可変印刷とかバリアブル印刷なんて
難しそうで業者さんに、なんて甘い時代の終焉もそんなに
遠くは無いのかもしれませんね、当社も最小限の投資で
それらの動きに少しでも歯止めをかけるというか、すくなかろうと
今なら当社が先に取り込んでしまえる部分、そんな隙間を
目指して頑張ろうと感じました。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://hyperpop.blog82.fc2.com/tb.php/1138-d73abf9e

左サイドメニュー

プロフィール

哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長

Author:哀愁の尾張名古屋の印刷会社社長
頑張れ中小零細、印刷経営者!
めざせ、真の業態変革!
元気な名古屋も印刷屋は辛い!

最近の記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
18603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
566位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。